ゆいゆい国頭とその周辺情報

 

沖縄本島最北端にある、国頭村「クニガミソン」は東洋のガラパゴスと呼ばれている場所です。豊かな深い森と綺麗な海・川が揃っている自然に特化したスポットです。その自然の恵みに集まってくる「ヤンバルクイナ」「ノグチゲラ」などは大変有名です。

本物を肉眼で見ることは大変難しいですが、道の駅「ゆいゆい国頭」では、それらの勉強が出来るコーナーがあります。自然あふれる沖縄を堪能するには、とても良い場所です。小さな子供が退屈しないように、子供たちに人気のヤンバルクイナのキャラクターが、気分を盛り上げます。買い物では市内では見かけない、お土産や特産品が、沢山揃っています。勉強しながら買い物しながら休憩も出来、食事も出来る家族でくつろげる場所でもあります。

 

そしてこの周辺をめぐるには、やはり自然を堪能するスポットが目白押しです。「比地大滝」のウォークは、森の木漏れ日をあびながら、大自然の中に包み込まれるような特別な空間です。やんばる野生生物保護センター「ウフギー自然館」は、やんばるの生き物について誰にでもわかりやすく丁寧に掲示してくれています。また、これからのやんばる地区の示唆を考える場所でもあり、おススメです。