道の駅 かでな

沖縄県中部地区の嘉手納町は、アメリカ軍の嘉手納飛行場があることで全国的にも有名です。道の駅「かでな」は、この飛行場に隣接していて、一望できる展望フロアがあります。その飛行場を見学するために、多くの観光客が訪れます。
タイミングがよければ、米軍の戦闘機や哨戒機がの離着陸を見ることができます。すごい爆音とともに、飛び立つ飛行機に驚きます。マニアの人たちはその瞬間を撮ろうと、カメラを準備し、待ち構えています。30分程度の滞在で、うまくいけば見ることができるでしょう。
しかし、休日や離着陸の時間帯があるので、事前にガイドさんに聞いたり、調べたりしていくとよいでしょう。土日は離発着はほとんどなく、平日もだいたいの時間が決まっています。
こちらの建物には、ほかに嘉手納町と米軍嘉手納基地の学資料展示室があったり、沖縄の特産物のお土産物屋さんがあったりします。軍用機の写真も販売しています。軽食も楽しむことができます。
ここでは、米軍の戦闘機が爆音とともに飛び交っている、沖縄の日常を実感することができるでしょう。そして、古い歴史を理解することができるでしょう。

 

是非近くにお越しの際は、嘉手納町の道の駅に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。